アメージング出版

自由と宗教と経済の融合を目指して

 

宮島康壽(著)

2018年2月5日 発売
ISBNコード 978-4909570000
B6判並製・110ページ

価格:972円

 

【販売ページはこちら】

 自由主義と宗教の関係性を表した本です。自由の起源は近代以降の市民革命によって、血で勝ち取った権利と思われていますが、私は人間のもっと深いところ、心の中にその起源があると思います。すなわち仏教的な言葉でいうと、心の中の仏性に、自由性や創造性が含まれており、平等に作られた魂が公平に発展していくことが可能な社会が、自由な経済社会であると考えます。また仏教でいう、自力と他力の二つの修業論を経済学に当てはめるとどうなるかということを書きました。

 

著者プロフィール

1984年長野県生まれ。東洋大学法学部卒。金融機関に就職後も、大学時代から独自で勉強していた、経済学を追求し、今はブログ活動などを行っている。

■やっちゃんの経済教室 plaza.rakuten.co.jp/eleven7/

■やっちゃんのエコノミスト日記 jimanw8.livedoor.biz/

■やっちゃんの国際政治ブログ http://miyajiman.livedoor.biz/